みなさんは自動車盗難と聞くと、多くの方が「自分には関係ない」と感じるのではないでしょうか。
実は被害者の多くはこのように感じている方がほとんどとなっており
実際に被害にあってしまってからでは例え保険に加入していても後悔の念しか残りません。
現在、自動車盗難が発生すると、ユーザー本人が経済的な損失を受けること以外にも、
盗まれた自動車が国内外の中古車市場で違法に流通したり、
ひったくりや強盗などの犯行や逃走用の足として盗難車が用いられることもあります。
さらに盗難車の所在を隠ぺいする為に
車体を分解してパーツごとに販売するような手口も当たり前になっております。
こういった背景から最近は【年式の古くなった車】や一見【価値の無い車両】であっても被害に遭ってしまい
誰もが被害者となりうる可能性が高くなっております。
また、車内に置いてあるカーナビ(純正を含む)やバッグなどを狙った車上ねらいの被害も同様に急増しています。


あの時、セキュリティを取り付けていれば・・・
と嘆く前にカーセキュリティ取り付けをダウンローへご相談下さい。

きっとお客様の大切な車両を守る武器になってくれるはずです。



損害保険協会の方でまとめられた【実際に盗難に遭われた方の被害統計】をこちらのリンクからご覧になれます。

「自動車盗難事故実態調査」




 

コチラは一見スクラップにも見えるますがハイエースが折り畳まれた姿です。
この様に分解分割することで犯行の足を付きにくくし尚且つ各パーツごととに販売または輸出を
現地で組み立てをおこないます。特にハイエースの場合その汎用性車両自体の強度知名度は諸外国でも評判です。多くの盗難車両が一度姿を変え国内外を走っております。日本国内で見かける商用のハイエースの多くは大切な工具や高価な機材を積んでいるかとこのことからも窃盗団にとっては格好の的となっているのです。
更には、プッシュスタートの車両の場合イモビライザーを不正に解除することで乗り逃げまで可能となっているのが現状です。 
 





 車両窃盗の犯行を大きく分けると2パターンに分かれます。金品物品が目的の場合と車両そのものが目的の場合です。
金品の場合車内のゴルフバックや財布鞄などを盗る目的なのでわざわざピッキングをする必要もありません。窓ガラスを破壊して金品を盗って立ち去ります。純正のセキュリティで衝撃に対して反能を示す車両が少ない為この手の犯行は跡を絶たないのが現状です。

過去車両盗難の場合はピッキングによる被害がほとんどでした。現在スマートキーの車両が多くなったこともあり侵入方法は変われど盲点をついての犯行が跡を絶ちません。純正セキュリティやイモビライザーがついているそんな安心しきっているところを狙ってきます。
ヴェルファイアなどではフロント部の小さな三角窓を割り直接運転席の鍵を車内から開けてしまいます。シフトロックを解除してしまえばレッカーでそのまま運ばれてしまうのです。
まだ多く走っているリアハッチや運転席以外に鍵穴の付いている車両は狙われる可能性が上がります。駐車スペースの関係で死角となりやすいうえに
これは鍵の構造上ほかの鍵穴に比べると簡単に開く使用になっておりプロの窃盗団はここから鍵を複製します。車両盗難が自宅のガレージで起こる件数が多いことの一因でもあります。
電子的なイモビライザーが入っていない車両であればエンジンを掛けられる鍵の複製は容易です。
車上ねらいのターゲットとなるのは多くの場合カーナビです。新しい車両はもちろん年式の古い車は決して安心できません。侵入されやすいうえに年式が古くてもカーナビを変えることはありうるからです。
実際統計ではカーナビを狙っての犯行が全体の2割〜3割程度を占めています。
新品で2〜30万円もするものがあるのですから、当然中古品も高く売買されております。
狙われるのは車両そのものや車内の金品だけではありません。車上狙いの被害の中でカーナビに次ぐ被害報告の多さを誇るのがホイール・バンパー・ミラーなどの外から外せるものなのです。屋外の駐車場や自宅から離れた場所にある車が多く狙われます。汎用性があり多くの需要がある人気車種を狙った犯行です。
純正セキュリティも車両の傾きや衝撃に反応しなければこのような被害にあう確率はぐんと上がってしまいます。