第52回 テーマ : バッフル造るなら、アウターでしょう!


スピーカーを取り付ける場合に、
インナーバッフルとアウターバッフルというキーワードを聞くことがあります。

これはどんな意味なのかを簡単に説明すると、
ドアの内張りを基準にして内部のインナーパネルに
バッフルボードを取り付ける場合がインナーバッフルで、
内張りの表面にボードを取り付けて設置する場合がアウターバッフルとなります。

この2種類のバッフル製作には各々のメリットがあります。
まず、インナーバッフルで製作して取り付けた場合のメリットは、
仕上がった感じが、純正の雰囲気のままなので違和感が無く、
内部のバッフルの形状もシンプルな為、コストを安く抑えることが可能となります。
仮に車を手放すことになっても余計な失費が少なく済むというのも欠かせません。

それに対してアウターバッフルのメリットは、
スピーカー自体がリスナーに近い場所へ露出するので有効な「直接音」が大幅に増大します。
アウターバッフルの形状によってはスピーカー取付け位置をスラントさせて
上記のメリットを更に向上させることも可能です。

また、バッフルの強度を上げることでスピーカーの共振を抑えることができ、
スピーカーが正確なストロークで「音」を出すことも可能となります。
これは、微弱な振動にも対応できることになり、
今まで聴こえなかった「音」が表現されることにつながります。

インナーバッフルのように純正の内張りのままではないのですが、
アウターバッフルを綺麗に仕上げれば純正以上の「美しさ」を得ることも可能で、
もし、同じ車種に乗っているオーナーが見た時にビックリさせることができるのではないでしょうか?
アウターバッフルのデメリットとしては製作工程が多くなることで
時間(もしくはコスト)が掛かってしまいます。
しかし、手間を掛けた分だけ大幅な音質アップとなるので
是非、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


ダウンロー トップページへジャンプ