第28回  テーマ : タイムアライメントとは?


最近、何かとデッキやプロセッサーなどに搭載されている機能に
タイムアライメントというものがあります。
この機能は何をするものなのか?を説明したいのですが、その前に音についてお話します。

音は、以前の豆知識でも説明したように空気の振動(波)のことを言います。
一般的に高域の音はスピードが速く、低い音になるほどスピードは遅くなります。
ちなみに音のスピードは厳密に言えば気圧によって変化するので温度が違っても変化します。

カーオーディオの場合、スピーカーの取り付け位置が車やユニットによって変わるので
音がリスナーの耳に届く順番がバラバラになってしまいます。
そのような状態で音楽を聴くと、実際のボーカルや楽器の位置がズレて再生されることになります。
よく定位感やステージングと耳にしますが、このような要因が関係してきます。
そこでタイムアライメントの登場となります。

この機能は各スピーカーから出力される音を
帯域(高低音)と距離を計算してタイミングをズラして再生することを言います。
そうすることによってリスナーには
あたかもスピーカーが理想的に並んで再生されているのと同じような状況で
音楽を聴くことができるのです。

例えば、ウーファーとリスナーの距離が離れているような場合に
タイムアライメント機能が無いと
ウーファーの音がワンテンポ遅れるような感じになったりしますので
こういった場合に効果を発揮します。

タイムアライメント機能を有効に調整するためには
リスニングポジションとの距離を測れば良いのですが、
その間に障害物(シートなど)があるケースが多いので
同時にイコライジングで調整する必要があります。
ただ、タイムアライメントは万能ではないので
スピーカーの取り付けがしっかりしていることが条件になります。
この機能はあくまでも補助的なものと考えた方が良いでしょう。


次回はイコライザーによるメリットと調整方法などをお話します。


ダウンロー トップページへジャンプ