ダウンローでAピラーを加工してカーオーディオを充実させます。

セパレートスピーカーを鳴らすなら、
やっぱり
Aピラーへのツィーター設置がオススメ!!
自然な定位の高さを保ちながら
ツィーターの方向を中心に向けることで
余計な反射音をグッと抑えることができます。

また、適度にツィーターとの距離を離すことができる点にも注目です。
なんか高音が耳障りだなぁ」とか
長時間運転してると聴き疲れる」といった原因は
主にツィーターの位置(向き)にあります。
Aピラーへの加工によりこれらの不満を解消することができます。

そして、見た目も非常に大事です。
Aピラーなどは常に見える位置になりますので
オーディオをカスタマイズしているという
何気ないアピールができるのも見逃せません。

加工に関しても
プロインストーラーの仕上げ方
写真のようにピラー全体にレザーで覆うようにしてありますので
純正のような自然な仕上げとなり満足度アップです。



Aピラーの加工はやりたいけど、、、僕の家は北海道なんだよなぁ」

そんなお客様もご安心下さい!!

ダウンローでは店内で
Aピラーを加工していますが、遠方の方にも対応します。

Aピラーをダウンローへ送って頂ければ加工をした後、返送することも可能です。

Aピラーを外すことぐらいはできるから送ってみようかなぁ
と思っている方はお気軽にご相談下さい。

(往復の送料はご負担頂きます)

ダウンローでAピラーを加工しても遠方までお届けします


Aピラー加工の参考例

ランドクルーザー200 リッジライン ステップワゴン エスティマ



Aピラー(左右)の加工賃は80,000円〜(税別)です。

(加工に伴う材料費は別途必要になります)

工期はおよそ1〜2日となります。



カーオーディオ プロショップ ダウンローのトップページへジャンプ