スピーカー交換のためにバッフルを製作
トヨタ bB用のスピーカーバッフル ダウンローのスピーカー取付に於いて
音質アップとなるアイテムである
スラントバッフルをご紹介します。
まずは製作工程をご案内していきましょう。
 
スピーカーバッフルをMDFで製作 ベースとなるMDFボードを切断し、
スラント部分とベース部分を製作します。
MDFは加工が容易なので
こういったパーツ造りに向いています。
 
MDFボードのバッフルにFRP加工 MDFの弱点である耐水性と強度を高める為に、
FRP樹脂を塗ります。
しっかりと塗りこむことで
飛躍的な耐久性アップとなります。
特にバッフルなどは水分を吸収しやすいので
こういった加工は非常に効果的です。
 
スピーカーバッフルのスラント部分 写真のように横から見ると
角度(スラント)が付いているのがわかります。
スピーカーの作り出す「音」を
無駄なくリスナーへ出力させる第一歩です。
 
スピーカーバッフルをサフェーサー処理 そして、サフェーサーを吹き付けて
塗装の前処理を施します。
この工程もしっかりやることで
耐水性が上がります。
 
スピーカーバッフルをブラック塗装処理 ブラック塗装を施すとこのようになります。
重ねて処理をしているので
長時間使い続けることが可能となります。
 
スピーカーバッフル完成品 写真の左部分(つまんでいる所)を下にして
これから設置していきます。
スピーカーのマグネットの大きさによっては
スラントできないケースもありますので
事前に確認しておきましょう。
 
トヨタ bBのドアパネル取り外し方法 今回はトヨタ bBを題材にして
施工の流れをご紹介します。

まずはドアパネルを外してみます。
ドアパネルの各部分のビスを外します。
車種によっては隠しビスもあります。
 
トヨタ bBのドアミラー裏の取り外し方 ドアミラー裏のパネルを取り外します。
bBの場合はハメコミ式なので
プラスチックの棒などを使えば
簡単に取り外せます。
 
トヨタ bBのドアパネルの取り外した写真 ビスが外れたらドアパネルごと上に引き上げて
パネルを取り外します。
パワーウィンドウなどのハーネスが
つながっていますので
カプラー部分から取り外します。
 
トヨタ bB ドア防振前 純正のパネルを取り外すと
写真のようになります。
ミッドレンジの低域再生を引き締める為に
欲を言えばビニールで覆われている部分と
ボディ側のパネルに
防振処理を施した方が良いです。
 
トヨタ bB 純正スピーカー取り外し bBのスピーカーはリベットで留まっているので
スピーカーを取り外すには
ドリルでリベット自体を壊して
取り外す必要があります。
スピーカーが外れたら
先程ご紹介したスラントバッフルと
スピーカーを取り付けて戻します。
 
トヨタ bBの内張り裏加工 ドアパネルを戻す前に、スピーカー取り付け部分を写真のように加工します。
スラントしている分、
パネルにスピーカーが干渉してしまいますので
カッターなどで切り落として下さい。
編集後記

今回のスラントバッフルはbBでご紹介してみましたが、他の車種でも流用はできます。
こちらで車両データの無い場合は、バッフルの寸法をお知らせ頂くことで製作致します。



ダウンロー トップページへジャンプ


各ページへリンクしてます

[  カーオーディオ  ] [ 純正モニター活用  ] [ カーセキュリティ  ]
ダウンローにて
カーオーディオ デモカー試聴可能です
メルセデスベンツ ダウンローでの取付けの流れ 
ダウンローでご試聴可能
カーオーディオのデモボード
BMW 国産車
プロによるカーオーディオの
インストール例
アウディ トヨタ
カーオーディオのノイズを抑止する
有効な対策方法
ベントレー ホンダ
簡単にカーオーディオを
グレードアップできます
ニッサン
フォーカルの超小型ウーファーを
オリジナルBOXで鳴らします
マツダ
定位感 バツグン!!
Aピラーツィーター加工取付
スバル
かなり役立つ
カーオーディオ豆知識
ミツビシ
カーオーディオの基本
防振処理について
輸入車
メルセデスベンツ
アウディ