HONDA フュージョンのオーディオ施工例を
ご紹介します。

バイクへのオーディオ取り付けで
ご依頼を頂きました。

全体的な「まとまり感」を重視した内容です。
 
フロントカウル部分に
スピーカーを取り付けています。
最も音質面を左右する部分となりますので
バイクに乗っていらっしゃる方には
参考になる設置場所です。
 
ミッドレンジをしっかりと設置する為に、
ボードを加工して
アウターバッフルを製作しました。
元のパネルより強度が出せる為、
スピーカーとしてのコンディションUPにも
一役買っています。
 
足元のパネルにも加工をし、
スピーカーを設置しました。
こちらもアウターバッフル仕様とすることで
しっかりとした「音」を再生させます。
デザイン的にも、
派手過ぎずにアピールできる
インストールとなりました。
 
リアBOX内は写真のように加工をして
デッキ、アンプ、スピーカーを設置しました。
オーナーのご希望により、
ヘルメットを入れるスペースも確保しました。
バイクの場合は
少しのスペースも犠牲にできませんので、
こういった工夫が必要となります。
 
BOX内のスピーカーにも
専用のBOXとして製作しました。
低域を出力させる為に、
BOX内部にはFRP樹脂加工による
強度アップと吸音処理が施されています。
編集後記

カスタム・インストールをバイクに応用した内容となっており、
オーナー様の拘りが垣間見られる仕上げとなりました。
カッコ良く、そして渋く決めたい方は是非、当店までお気軽にご相談下さい。



ダウンロー トップページへジャンプ