カロッツェリア DEH-P01

純正のデッキでは実現不可能な性能として
オーディオのデータを純粋に引き出すことが挙げられます。

そして、車の中という限られた空間で【原音】に近い音を表現するには優れた調整能力も必要不可欠となります。

カロッツェリア DEH-P01には、オーディオ空間には厳しい環境である車室内の特性を整えることができる
高性能デジタルプロセッサーを内蔵し、
高温になることで音質面で不利に働く内蔵アンプではなく、
別体の6チャンネルアンプを付属することで熱による音質の劣化を防ぎ、
理想的な音色を奏でることができるオーディオユニットとして今、注目を浴びています。

まずは、ハイパフォーマンスを備えたデッキの中枢部分からご紹介してみましょう。





カロッツェリア DEH-P01はカロッツェリアXの技術を継承しています。

 音楽の繊細な余韻まで守り抜く  時間軸の揺らぎも徹底排除
カロッツェリア DEH-P01の中核であるサウンドプロセッサー  カロッツェリア DEH-P01のサウンドマスタークロック 
高度なプログラミング技術による卓越した演算処理により、
ソースに刻まれたデジタル信号を劣化させることなく、
微細な音の余韻までも守り抜きます。


信号読み取り時を極めて正確なクロック波形を形成する
「サウンドマスタークロック回路」。
微細な信号までも精緻かつ透明感に満ちた
みずみずしい音で再現します。

 
 原音をありのままに描き出す  わずかな外部ノイズさえも徹底排除
カロッツェリア DEH-P01の高品位D/Aコンバーター   カロッツェリア DEH-P01は銅メッキシャシーを採用
従来モデルのおよそ2倍となる
120dBの高SN比と高ジッター耐力を誇る、
AKM高性能24bitアドバンスト・マルチビット方式
D/Aコンバーターを搭載。
圧倒的ダイナミックレンジと
際立つ静寂性を獲得しています。
音楽信号は微弱なため、わずかな外部ノイズでさえも
その影響は無視できません。
「DEH-P01」では、カロッツェリアXでも使用されている
高品位素材「銅メッキシャーシ」を贅沢に採用。
磁気誘導ノイズを徹底的に排除しています。

 





原音再生に必要な調整機能

カロッツェリア DEH-P01で理想的な音響空間を調整できます

車室内に、より理想的な音を響かせるためには、その想いに応える自在なスピーカーシステムと
細部にまで及ぶチューニングが欠かせません。
「DEH-P01」の誇る4ウェイマルチアンプ・マルチスピーカーシステムは、
HIGH/MID/LOW/SWそれぞれの音域を専用のアンプとスピーカーで再生する、
ハイエンド・オーディオの世界でも用いられる高度なシステム。
極めて精緻な調整能力によりシステムの能力を最大限に引き出し、乱れのない自然な音のつながりを実現します。
さらに、そこで生まれる音を手軽に自動で調整できる「オートタイムアライメント&オートイコライザー(2ch)」も搭載。
音響特性や位相の乱れといった、車室内に数多く存在するクルマ特有の音響的な問題を解決する
“音場制御”という考え方から導かれたその独自のテクロジーにより、あらゆるクルマで音のすべてを味わうことを実現しました。
 カロッツェリア DEH-P01の付属アンプを使ったシステム例
 カロッツェリア DEH-P01と外部アンプのシステム例



 各スピーカーユニットの能力を最大限に発揮  リスニングポジションでの位相を正確に整える
カロッツェリア DEH-P01 クロスポイントの調整   カロッツェリア DEH-P01 タイムアライメント
スピーカーにはそれぞれ再生に適した音域が存在します。
そこでトゥイーターからサブウーファーまで帯域ごとに
専用のスピーカーユニットを用い、
それぞれを独立したアンプで駆動するのが、
マルチアンプ・マルチスピーカーシステム。
その構築においては、
各チャンネルに送り込む信号の周波数帯域や出力レベル、
そのつながりなどを最適に調整することが必要です。
「DEH-P01」に搭載された
L/R独立のデジタルクロスオーバーネットワークは、
手軽な2ウェイから本格的な4ウェイシステムにまで幅広く対応し、
シンプルな操作で思い通りのチューニングを実現。
カットオフ周波数の調整で
各ユニットに最適な帯域を割り当てるのと同時に、
その傾き(カットオフスロープ)を6段階から選択することにより、
それぞれのつながりをも意のままに調整可能です。
さらに左右独立で精細に設定可能なレベル調整により、
シートの配列上避けることのできない
聴取位置の違いによる音圧レベルの偏りまでも解消。
また必要に応じ各ユニットの位相を個別に切替えることで、
より自然な音のつながりを実現できます。
これらのすべてが理想的な値に調整された時、
各スピーカーユニットはその秘めたる真価を最大限に発揮し、
ひとつのシステムとして美しく響き始めます。
リスナーと各スピーカーユニットの距離の偏りは、
車室内での音楽再生において解決すべき大きな課題です。
たとえネットワークが最適に調整されていたとしても、
それぞれの再生音がリスナーに届く時間に差が存在する限り、
美しいハーモニーを奏でることはできないからです。
この微妙なズレを解消するデジタルテクノロジーが、
各チャンネルの出力タイミングを
高精度に調整するタイムアライメント。
リスニングポジションと各スピーカーの距離を入力するだけで、
それを1/40,000秒(0.77cm単位)の
音波の遅延に自動換算します。
これにより各ユニットが仮想的に等距離に配置されることとなり、
リスナーへの音波の到達時にすべての位相が揃うため、
正確な合成波形が得られます。
その結果、音波の干渉による
周波数特性の乱れが大幅に抑制されるとともに、
目の前で演奏しているかのような
明確な音像定位が実現するのです。
 
 左右の音響特性の違いまで補正  リスニングポジションに合わせて音楽を楽しめる
 カロッツェリア DEH-P01 イコライザー  カロッツェリア DEH-P01 リスニングポジション
スピーカーから再生された音は、リスナーの耳に届くまでに
様々な影響を受け、微妙に変化します。
特に車室内環境においては、
その複雑な形状や内装材によって生じる
音の乱反射や減衰のため、
周波数特性上に大きなピークやディップが発生します。
「DEH-P01」に搭載されたデジタルイコライザーは、
人間の可聴周波数帯域を
1/3オクターブステップの合計31バンドに分割し、
各帯域の音圧を48段階(0.5dBステップ)の細かさで
コントロール可能。
その高い自由度で周波数特性の乱れを意のままに補正し、
限りなくフラットに近い音響特性を手に入れることができます。
さらに音場感や定位感を乱す原因となる
左右スピーカー間の周波数特性差までも、
L/R独立に調整することで制御可能。
すべてが最適にチューニングされた時、
車室内は真に理想的なリスニング環境へと変貌します。
FR(フロント右座席)、FL(フロント左座席)、
FRONT(フロント両座席)の
リスニングポジション(聴取位置)を選ぶことにより、
各チャンネルの音量とともに
タイムアライメントが連動するため、
選択した聴取位置で最適な音響を楽しむことができます。





高品位パワーアンプを別体化

カロッツェリア DEH-P01 6チャンネルアンプ カロッツェリア DEH-P01 6チャンネルアンプ 内部

 原音のもつ繊細な響きまでも忠実に再現するためには、電源部への安定した電源供給は欠かせません。
そこで電源コンデンサーには、試聴の繰り返しにより最適な特性と安定した電流供給を実現する
フルカスタムの大容量音響用電源コンデンサーを採用。
常に歪むことがないクリアな再生を実現しています。





圧縮オーディオの高音質再生までも追及

カロッツェリア DEH-P01で圧縮オーディオを鳴らす
音の美しさや響きは人の耳では聴こえにくい微小な音や超高音域成分にも大きく影響されます。
しかし、MP3やWMA、AACなどの圧縮フォーマットでは、それら聴こえにくい音の成分はカットされてしまうため、
音のリズム感や厚み、迫力などが失われてしまいます。
原音を忠実に再生することができないこの問題を解決するために「DEH-P01」では「アドバンスド・サウンドレトリバー」を採用。
失われた成分を補間するという独自のデジタル処理で音楽がもつ余韻や躍動感を再現し、CDに迫る高音質再生を実現します 

カロッツェリア DEH-P01 圧縮オーディオのサンプル





最高の音色を奏でる理想的なヘッドユニット

カロッツェリア DEH-P01 高級感溢れるフェイスパネル


ダウンロー価格 : 81,900円(税別)


ダウンローではDEH-P01を大特価でご用意しております。
ご不明な点はお気軽にメールかお電話下さい。



お電話 : 03-5933-0633

メールはコチラ  ダウンローへのメールはコチラ









そして もうひとつ!!
オプションでスピーカーの高音質化計画

カロッツェリア TS-V172A 高音質スピーカーセット

詳しくは画像をクリック








ダウンロー トップページへジャンプ