オデッセイのオーナーである久光様の愛車をご紹介します。
新型オデッセイの本格的な5.1ch カーシアター仕様で
映画館に匹敵するような臨場感を楽しめます。
 
核になるヘッドユニットには、
アルパインのHDDナビゲーションとパッケージになったINA-D300JNを使用しています。
センタースピーカーとのインストールを検討して
写真のように一体形成でパネルを製作しています。
 
センターパネルを上部から見ると
DIAMONDのセパレートスピーカーが鎮座しています。
塗装を施した表面も
純正のパネルの質感に近い特殊な素材を使いました。
この車両にはデッキ以外を全てDIAMONDで統一させていて
フロント、リア、センターに至っては
全て同じセパレートスピーカーを使った
理想的な5.1chとなっています。
 
リアスピーカーに関しては、
リスナーの耳の位置に高さを合わせる為に
後部ピラーを利用してインストールしました。
この位置に設置することで
自然な音響効果が得られるメリットが得られます。
 
また、後部からのアングルから見ると、
純正のラインに沿って綺麗に仕上がっています。
勿論、シートベルトなど純正の機能を損なうことはありません。
 
ウーファーBOXもラゲッジスペースの側面を利用して
埋め込んであります。
瞬発力を重視して8インチ(20cm)のウーファーを選択しました。
しかし、8インチとは思えないほど、
しっかりとした低域を確保しています。
 
スペアタイヤ部分を使って
アンプやプロセッサーを配置しています。
スピーカーを統一させているので、
アンプの出力に関しても
ウーファー以外は全て同じ条件で接続しています。

編集後記
5.1chを主眼に置いたシステムで、音は素直に出ています。
DVDに収められている臨場感溢れる「音楽」も余すところなく表現していて
これからのシーズンにはドライブが一層楽しいものになること間違い無し!です。
また、オーナーの防犯意識の高さから、セキュリティもしっかりとインストールされているので安心です。