エルグランド(E51)のオーナーである
竹内様の愛車をご紹介します。

ゆったりと、くつろげる高級感溢れる室内に
機能性と造形美を兼ね備えてみました。

また、安全面も考慮して
セキュリティも同時にインストールしています。
純正のコックピットは写真のように
モニターなどが一体形成されています。
この部分には下手に手を加えれば
デザイン性を損なってしまいます。
そこでこのようなウォークスルー部分の小物置を利用して
デッキとプロセッサーのコントロールパネルを移植しました。

メインとなるデッキはアルパインのDVA-7899JとPXA-H700です。
ツィーターは物理的な距離を稼ぐために
ピラーの奥へ純正風にインストールしてみました。

自然な高域で鳴ってくれるので、
ダッシュボードに奥行きのある車種のメリットを活かせます。
フロントとリアスピーカーにはFOCALをチョイスしています。

リアスピーカーの設置場所は
写真のようにリアゲート内に取り付けています。
アンプボード内にはステッグのアンプを2台と
ショートパーツ類を設置しています。

コンパクトな割に力強さと繊細さを兼ね備えているステッグは
当店でもオススメなブランドのひとつです。
アンプボードのフタを付ければスッキリしたデザインとなり、
多少の荷物を載せても問題ありません。
勿論、サードシートもそのまま使用できます。
アンプボード奥にはチェンジャーと
PXA-H700の本体をインストールしています。

遠出の時にはチェンジャーがあると大変便利です。

編集後記
全体的に、まとまりのある音質で仕上がっているので「気がつけば長時間聴いてしまう」という仕上がりです。

FOCALとSTEGのヨーロッパサウンドは心地良く、柔らか過ぎない組み合わせです。