キャデラック セビルのオーナーである
鴨下様の愛車をご紹介します。
ラグジュアリー系に仕上るポイントとして
モニターの設置に工夫しました。
ドライブ中も飽きさせない取り付け内容となっています。

ゆったりとドライブしながら
手元のモニターで映像を楽しむことができます。
純正の雰囲気をそのままにカスタムメイドで仕上ています。
センターパネルには純正のデッキを移動させて
8インチワイドモニターをインストール。
この位置ならモニターの視認性が非常に高くなります。
細部の仕上がりもこだわっています。
助手席部分には楽ナビのリアモニターをインストール。
ナビの映像とDVDなどの映像を別々に表示できます。
これで渋滞でも退屈することはないでしょう。
ルームミラーにはSAVV製の
モニター内臓ルームミラーに交換しました。
純正よりはひとまわり大きい程度なので、
それほど視認性を下げることはありません。
高速道路を外車などの左ハンドルのクルマで使用する時に
非常に便利なETCユニットです。
ETCカード挿入部分がセパレートになっているので
ダッシュボード上はスッキリします。
取付に関しても この場所なら運転中も支障ありません。
純正デッキをアームレストを加工して
写真のようにインストールしました。
機能面ではまったく問題無いので
デッドスペースを有効利用した一例です。

編集後記
全体的には機能面を重視して、「クルマを便利に使う」という内容になっています。
特に外車オーナーには料金所でのわずらわしさを解消してくれるETCの使用をオススメします。