シボレーアバランチのオーナーである
渋谷様の愛車をご紹介します。
作業は主にデッキ、スピーカー交換、アンプ取り付けと
基本システムを充実させた内容です。
全体的に落ち着いた印象を重視した仕上がりになっています。

このアバランチには純正で1.5DINのデッキが付いている為、
加工が必要になります。
デッキの取付金具を2DINに対応させる為に加工して、
フェイス部分の枠を純正風に仕上げています。

オーナーの希望により、
あくまでも純正のストックイメージを壊さないように取り付けました。
純正のスピーカー位置が比較的、高い所に設置してあるので
定位が下がることもありません。
純正のグリルの中にDIAMONDのミッドレンジと
ツィーターを配置しています。
スピーカー同士が近い位置にあるので、
音のまとまりが出て位置的なメリットを活かして
立ち上がりも良く、聴き疲れのしない音色です。

アンプは写真のようにリアシートの下に設置しました。
この位置ならアバランチのような
ピックアップ タイプの車にも問題無く取付できます。
一緒にチェンジャーも設置したので一石二鳥です。


編集後記
空間の広さとスピーカー位置のおかげでステージングが綺麗に出ています。
ROCKFORDの4チャンネルアンプのリア側が空いているので
後々はリアスピーカーかウーファーを追加できるようになっています。
また、クロスオーバーを追加してフロントマルチシステムにするのも良いかと思います。