今回のインストールページには
BMW アルピナ4.6Lのオーナーである
河上様のインストールをご紹介します。
この車には既にアンプやスピーカーなどが
インストールされていたので
今回のメニューはフロントステージのスピーカー変更と
スピーカーケーブルの配線引直しがメインになります。

フロントスピーカーはMB QUARTのQSDシリーズです。
3WAYのセットで10cmセパレートと
16cmのミッドバス専用ユニットとのセットになります。
純正のイメージを崩さないようにインストールしました。

ツィーターはドアのピラー付近に
取り付けカバーを製作して設置しています。
「高域までどこまでも伸びる」ような感じが出ていて
透明感が高く、非常に聴きやすくなっています。

スコーカーとなる10cmも音質的にはハリがあり
ボーカル域のスピード感がしっかりと表現されています。
3WAYならではの音の繊細さがうまく出ていると思います。

ミッドバスとなる16cmは
フロント部分からの低域を確保するように
充分な低域を出力します。
引き締まった中低音をカバーすることで
音楽にアクセントを加えています。

スピーカーケーブルは
カルダス(クロスリンク)を使用することによって
情報量の豊富さと緻密さを追求しました。
ドア部分に配線を割り込ませるスペースが無いので
ドアを外して専用の穴開け加工を施しました。
写真撮影の為、配線が剥き出しですが
この後、コルゲートチューブで保護しています。
タワーバーが中央に通っているので
アンプボードをセパレートしました。
パッシブもフロント3WAY用に3個マウントしています。

編集後記
MB QUARTらしい中域の厚みがある音色で、3WAYの長所を活かした感じに仕上がっています。
後日、クロスオーバーをオーディオコントロールのDXSに変更して3WAYマルチにシステムアップしました。
更に細かい調整が可能になったことで、あらゆるジャンルに対応できるシステムとなっています。